【お題36】七草粥2008/01/01 01:57:20

「七草粥」と言う言葉がどこかに出てくる作品をお待ちしています。
タイトルに限らず、本文中のどこかに1回出てくればOKです。

作品の最後に
(「七草粥」ordered by 花おり-san/text by あなたのペンネーム)
とつけてください。これはお題を出した人への礼儀と言うことで。



====================
◇ 無名戦士に贈る

世界が、たとえ今日終わりを迎えるとしても
猟師はやはり狩りに出かけるだろうし
ナースはやはり病人の世話をするだろう
ずり落ちかけた夜空の月も
鳴り渡る鐘の音の前に立ちすくむだろう

強引な言葉遊びにうつつを抜かすものは
行頭の文字を連ねなにがしかの意味を見いだそうとする
妖精の粉を振りかけられ空を飛べるようになるものなら
うつつは夢となり無意味さえも形を持つだろう
敗走する兵士にしてやれるせめてもの贈り物
凍えるからだを温め、凍える心を包み込む
ベランダで育てた7つの草を摘み添えてやろう
楽にしてやることはできないけれども

炎はまだ燃えているか、心の中で
時計は止まらず動いているか
計算などできなくたってかまわない
飲み食い息をすることさえできればそれでいい
雑草呼ばわりされるものたちが聖なる糧となるように

好きなだけ、さあ食べるがいい
頭痛を少しやわらげてやれるかも知れない
情けない世の中にも少しは救いがある
好きなだけ、さあ七草の粥を
ずり落ちかけた夜空の月に照らされ
シーツに血を流し横たわるお前は、お前こそが
ろくでもない世の中で真に生きるに値する者なのだから

(「七草粥」ordered by 花おり-san/text by TAKASHINA, Tsunehiro a.k.a.hiro)