【お題59】彼しか知らない、彼女のほくろ。2008/01/29 10:19:09

「彼しか知らない、彼女のほくろ。」と言う言葉がどこかに出てくる作品をお待ちしています。
タイトルに限らず、本文中のどこかに1回出てくればOKです。

作品の最後に
(「彼しか知らない、彼女のほくろ。」ordered by futo-san/text by あなたのペンネーム)
とつけてください。これはお題を出した人への礼儀と言うことで。




====================
◇ ロケハン

神様はどうしてわたしたちのことを見捨ててしまったんでしょう。
玲子が傍らでそう呟くので則之は吹き出しそうになるのをこらえ尋ねる。
「幸せそうにモンブランを食べながら言うセリフかね、それ」
彼の肩に頭を乗せたまま、歌うように彼女は同じことをつぶやく。
色彩がだんだんに失われていく病気なので確かに辛いことは間違いない。
ラベンダー色が好きと言っていた彼女は
   もうその色がどこにあるのかわからない。
夏までにはモノトーンの世界に住むことになるだろう、
   というのが医師の診断だ。
「いま、一番したいことは何?」彼は聞く。「かなえてあげよう」

『彼しか知らない、彼女のほくろ。』という映画を撮って欲しい
   というのが彼女の願いだった。
残された時間はあまりにも短いが、則之はそれを撮ることを約束する。
人物は二人、もちろん演じるのは玲子と則之だ。
寄りに寄った映像が彼女のほくろをとらえているシーンから始まる。
「濃厚なシーンから始まるんだこの映画は」則之が言うと、
   それを聞いて玲子はくすくすと笑う。
ほっそりとした彼女の指が映り、映っていたのは掌だったことがわかる。
くっきりとした掌紋に埋もれた小さなほくろは、
   本人も知らなかったものを則之が見つけたのだ。
「ロケ地は決定だ。全部この掌で撮ろう」
   ほくろに口づけをしながら彼が宣言し、彼女が同意する。

(「彼しか知らない、彼女のほくろ。」ordered by futo-san/text by TAKASHINA, Tsunehiro a.k.a.hiro)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hiro17911.asablo.jp/blog/2008/01/29/2587264/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。