【お題65】踏み台2008/02/02 08:32:52

「踏み台」と言う言葉がどこかに出てくる作品をお待ちしています。
タイトルに限らず、本文中のどこかに1回出てくればOKです。

作品の最後に
(「踏み台」ordered by tomo-san/text by あなたのペンネーム)
とつけてください。これはお題を出した人への礼儀と言うことで。




====================
◇ なぞなぞ

 自分の手には届かないなんて、
 そんなに簡単にあきらめないで。
 あきらめないでぼくを探して。
 どんなに高い高い望みでも、
 ぼくならきっとかなえてあげる。
 それが君の手にはいるように。

 地に足がつかないときにも
 疲れたときにも助けてあげるよ。
 一息つきたきゃ声をかけて。
 身の置き場もないカオスの中でも 
 ぼくならきっと役に立てる。
 つかのまの休息を約束するよ。

 時には楽しく遊ぼうじゃないか。
 なんならぼくがドライブに誘おう。
 君の目にどう映るか知らないけれど、
 小回りも利くし走りも滑らかなんだ。
 ぼくならきっと愉快になれる。
 子どもたちの相手も得意なもんさ。

 もしもそうする必要があれば
 君の重荷を背負ってあげよう。
 もしもそうすりゃ晴れ晴れするなら
 重荷をどんどん積み上げてくれていい。
 ぼくならきっと支えてみせる。
 黙って笑って不平も言わず。

 つらいときには叩けばいいさ。
 叩けば意外といい音がする。
 打てば響くのがぼくのいいとこ。
 つらいの忘れてオンガク気分だ。
 ぼくならきっと引き受けられる。
 怒りを情熱に変換できる。

 雪に閉ざされたその街を
 かの冬将軍が襲おうとも、
 君を傷つけるものを遠ざけてみせる。
 冷たい雪から、足元に淀む冷気から
 ぼくなら君を守ってみせる。 
 ぼくなら君を守ってみせる。 

 立ち現れたその人の名は踏み台将校。

(「踏み台」ordered by tomo-san/text by TAKASHINA, Tsunehiro a.k.a.hiro)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hiro17911.asablo.jp/blog/2008/02/02/2596010/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。