【お題75】お姉ちゃん2008/02/09 12:53:40

「お姉ちゃん」と言う言葉がどこかに出てくる作品をお待ちしています。
タイトルに限らず、本文中のどこかに1回出てくればOKです。

作品の最後に
(「お姉ちゃん」ordered by inzaghi-san/text by あなたのペンネーム)
とつけてください。これはお題を出した人への礼儀と言うことで。




====================
◇ ピアノフォルテ

 お日様がいっぱいに降り注ぐ。もうすぐお昼どき。いつも思い出すのは休みの日の朝だ。お父さんはゴルフに出かけて、おかあさんはお買い物。勉強してなさいと言われてわたしたち姉妹は机に向かう。でもわたしには学校の宿題もそんなにないのですぐにやることがなくなってしまう。姉の邪魔をすると「勉強の邪魔しちゃダメ!」とひどく怒られるので、しばらく図書室で借りてきた本を読む。

 5歳年の離れた姉は受験が近いこともあり、もうあまりわたしとは遊ばなくなっていた。けれどもそんな休日の朝、わたしが本も読み終えて、することがなくなり、落書き用紙と色鉛筆を置いてぼんやりしていると、「ピアノ弾こうか」と声をかけてくれた。ピアノの練習をしている分にはわたしが「勉強の邪魔をしちゃダメ!」と怒られないからそうしたのだ、と後に気がつくのだけれど、当時のわたしはわからなかった。

 お日様がいっぱい差し込む居間で、わたしたちは並んでピアノを弾く。わたしたちが弾く音楽が浮き浮きと庭先まではねまわり、お日様の中できらきらの粒になって光る。姉は口元に笑みを浮かべわたしを見、わたしが懸命に追いかけるのに合わせてくれる。

 70年も昔の休みの朝の風景をどうしてこんなにくっきりと覚えていられるのだろう? 昨日誰に会ったか、今朝朝ごはんを食べたかすら自信がないのに、何があったわけでないその朝の情景をわたしはくっきりと覚えている。いまここにいる姉は年とともにすっかり頑固で疑り深く意地悪くなり、まるで別人のようだ。いつもわたしが何かを盗んだのではないかと目を光らせているので息が詰まる。

 ホームのサロンにピアノが入ったというので、姉の車椅子を押してサロンに向かう。趣味でピアノを弾き続けたわたしと違ってプロのピアニストをめざして頑張り続けた姉は、方々のコンクールでたくさんの賞を貰ったりしたものの、結局それだけで食べていくことはできなかった。そしてある時期から一切ピアノに触らなくなっってしまった。交通事故を起こして車椅子の生活になったのはその直後だった。

 その後わたしが時折ピアノを弾いているのを見ると激しく音を立ててドアを閉めたり、急に用事を思いついてわたしに言いつけたりした。ピアノを弾き続けるわたしを憎悪しているかのようだった。そのようにして、わたしたちの生活からピアノがなくなって長い年月が過ぎた。だからその朝ピアノの前に連れていくべきかどうかも迷ったのだ。けれどもピアノを目にすると姉の目が輝いた。

「弾いてみますか?」
 わたしが尋ねると、姉はうんうんとうなずいた。ピアノの椅子をどけ、車椅子をいい位置に調節してとめる。姉がピアノを鳴らす。こんなにも長い歳月触れていなかったのに、まるでついさっきまで練習していたように滑らかに音楽が流れ始める。思いがけない力強さで姉はピアノを弾きこなす。サロンの人たちが何人かまわりに集まってくる。

 ひとしきり弾くと、姉は振り向き、あっけにとられているわたしに言う。
「ピアノ弾こうか」
 うん、と言ってわたしは椅子を引き寄せ2人で連弾する。サロンの人たちはみんな興奮気味に集まってきて音楽に身を委ねる。時に激しく時に優しく、ピアノの音がサロンを満たし、庭先にこぼれだし日の光の中ではじけて踊る。

「お姉ちゃん」とわたしが言う。
「なあに?」と姉が答える。口元にはあのころのままの笑みが浮かんでいる。

(「お姉ちゃん」ordered by inzaghi-san/text by TAKASHINA, Tsunehiro a.k.a.hiro)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hiro17911.asablo.jp/blog/2008/02/09/2613238/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。